くーぶーなまいにち

kubu4.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

畑の野菜で天ぷら

f0273304_142512.jpg
畑で収穫した野菜で天ぷらを


f0273304_14262281.jpg
春菊の間引きしたのと、キヌサヤ2個だけ
買ってきたピーマンのでかいこと!
先日頂いた新潟のお蕎麦を茹でて。
海藻がはいっているへぎそばです。
ツルツルした食感で美味しかったです。
ハツカダイコンは辛かったので、おろして薬味にしました。


次の畑では、もう少し収穫出来るはず・・・
キヌサヤの花が一杯咲いていたからね。

らっきょうとニンニクも来月半ばには収穫できそうです。
[PR]
by atelierkubu4 | 2013-05-29 14:36

ちょっとだけよ♪

畑も田んぼも忙しくなってきました。
田んぼは苗代の雑草を取り除き、水をたっぷりかけてきました。
畑は伸びてきた雑草を作物の周りだけ刈ってねかせます。
伸びてきたキヌサヤをまた誘引し、
f0273304_11182566.jpg
会の先輩に頂いたスイカのタネから育てた苗を定植しました。
f0273304_11234159.jpg

試しに1つだけニンニクをほってみました。
まだちょっと小さかったみたい。
f0273304_1127968.jpg

今日の収穫f0273304_11293945.jpg


はつか大根も少しだけ。

田んぼのノリを草刈りして、大豆、緑豆、さといもを植えてきました。

大事に育てて定植したズッキーニがウリバエに完食されていました。
ショック(;゚Д゚)!
ウリバエよけの行灯をせずにコンパニオンプランツとして長ネギを一緒に
植えてきたので大丈夫と思っていたのですが・・・
がっかりでしたが、もしかしたら茎はまだしっかりしていたので
生き返るかもしれないと思って、
行灯を作ってきました。
ウリバエおそるべし!
[PR]
by atelierkubu4 | 2013-05-27 11:39

次の日曜は畑に

去年のさつまいもから、たくさんの葉がでて
ジャングル状態になりました。
いよいよ暑くなってきたので、畑に植えてあげます。
美味しい紫イモになってね。
f0273304_17501761.jpg
そして先日次男がもらってきた
「フウセンカズラ」が早くも芽を出し始めました。
f0273304_17544915.jpg

見えました?
うちに入ってくる路地脇にも蒔いたら、今日芽が出ていました。
以前、蒔いたのは種が古かったせいか、ひとつも出なかったの。
「フウセンカズラ」のグリーンカーテン楽しみo(^o^)o
[PR]
by atelierkubu4 | 2013-05-23 17:59

こごみが!

夫の実家から「こごみ」が届きました。
たくさんの野菜と一緒に、山の香りを漂わせて。
f0273304_12284962.jpg
アクもないし茹でて胡麻和えにしていただきました。
すりごま、料理酒、砂糖、醤油であえるだけ。
あっという間に食べちゃて、出来上がりを撮り忘れました。

私の実家の父が生きていた頃は、季節になると
「山うど」「ぜんまい」「わらび」「ふき」「行者にんにく」が
送られてきたものでしたが。
母も年をとり山に連れていく人もいないのでしょう。
さみしいかぎり・・・

つらつらと考えてみると、いただくばかりの人生だったような。
次の世代に心豊かなものを残せるでしょうか?
時代はおかしな方向に向かっていて不安になります。
どうしても政治家や経済人と呼ばれる人たちは戦争をしたいみたいだし。
自分たちが戦いに行くのではないから言えるだけでしょ?
やりたい人同士で尖閣諸島でもどこでも、一般人には関係ないところで
ドンパチしてください。
おエライお年寄りの方々だけで、どうぞ!好きなだけ!

大事な息子や夫は貸してあげられません。

普通に平凡に楽しく生きていきたいよ、みんな。

なんだか山菜の話しから、こんなことに。

来年も美味しい山菜が食べられれば、それでしあわせ(#^.^#)
[PR]
by atelierkubu4 | 2013-05-18 13:00

日曜日は勉強会でした。

自然農の田んぼと畑に行ってきました。
2年目の春を迎えて、やることがいっぱい!
ポットで育てたズッキーニや長ネギの苗を持ってイザ!
勉強会の前に行って、まずは先輩のカトちゃんと情報交換。
田畑をやるために千葉への移住を考えているカトちゃん。
いろいろ物件を見てきたようでした。
でも、カトちゃんが居なくなると寂しいなぁ~
野菜の収穫のために、いろいろな方法を教えてくれて
冗談ばっかり言って明るいカトちゃん。
会のムードメーカー、60歳をはるかに超えているとは
思えないエネルギッシュな動き。

今回も種蒔きしたときの覆土の方法を畑で教えてもらいました。

勉強会の最中は気温がグングン上がって、みんなぐったり・・・
早め早めに終わって、夕方それぞれ自分の畑で作業しました。

今回はコンパニオンプランツを意識しながらの区割り。
狭い畑に上手に植えていかないといけません。
そうしていると、やっぱりもう少し大きな畑のそばに
住みたいと考えてしまいます。

夫は田んぼの苗床の雑草を取り除き、
地温を上げるべくかぶせていた藁をとってきたようです。
一年に一回しかできない米作り、失敗しないように
去年のデータをチェックしながらの作業です。
f0273304_10344115.jpg
野原のように見えますが、棒のたっているところにはキヌサヤ
奥の黄色いリボンのところにはジャガイモが
他にもニラ、ズッキーニ、ネギ、ニンニクやラッキョウが。
雑草たちのおかげで虫に食べられることも無く健康に育っています。
f0273304_10411432.jpg

春蒔きのキヌサヤもだいぶ大きくなっていたので、誘引してきました。
そして先月もらったネギもしっかり定着したみたい
種取りと株を増やすためです。
f0273304_10464566.jpg

少しづつだけど、バージョンアップしていく私たちの畑です。
自然農は収穫が少ないというけれど、やりながら自分たちにあった方法
その土地にあった方法を見つけて行けば良いと思っています。
[PR]
by atelierkubu4 | 2013-05-16 10:54

農作業のバイブル

自然農の基本は川口由一さんの本や丸ケ崎の勉強会で
学んでいますが、これは会の先輩のカトちゃんから
教えていただいて参考にしている本です。
私のバイブルとなっています。

これならできる!自然菜園―耕さず草を生やして共育ち

竹内 孝功 / 農山漁村文化協会


上総一ノ宮のMちゃんのおじいちゃんもやっていましたが
キャベツのすぐ脇に大麦が植えてありました。
影になっちゃうんじゃないかと心配してしまうのですが
実はライ麦やエンバクなどのイネ科の植物は
緑肥作物と言い細やかな根が、無数に地中深くまで張り、
団粒構造を作る自然耕力の王者なのでそうです。
アブラナ科のダイコンやキャベツなどに悪さするセンチュウも
撃退して、また連作障害を防いでくれます。

やるなぁ~おじいちゃん!さすがです。
おじいちゃんは「何でここに麦を植えてるの?」と質問しても、
的確な答えはしてくれなかったのですが
やっぱり必要なことをわかってやってたんですね。
そして、今でも試行錯誤してつくってると言ってました。

百姓は百のやることがあるから百姓って言うんだって。

覚えることもカラダを使ってやることもたくさんあって
百姓仕事は大変だけど飽きることがなく愉しいんだと思います。
明後日の集合日が待ち遠しいなぁ~

あやちゃんにもらった、カボチャ、スイカは元気に芽を出していますが
一番大事で、種を採って頂戴と言われたアロイトマトは
失敗しちゃったみたい・・・・・
ごめんね、あやちゃん (>_<;)
[PR]
by atelierkubu4 | 2013-05-10 15:58

畑が恋しい

昨日、大好きなブログ「フィレンツェ田舎生活便り」で
フェンネルとイワシのパスタを見て、もしや我が家に生えているアレも・・・
と、思い、うふっふふふふーと切って来て比べたら
違いました。やっぱりアスパラの葉っぱ?がっくり!
f0273304_14474892.jpg
遠目にはよ~く似てたんだけどな。
f0273304_14502443.jpg

どうやって見てもちがうね(´;ω;`)

さて気を取り直して、次の日曜日は自然農の集合日なので
定植する野菜の勉強をしなくっちゃ。
ズッキーニとネギとニンジンは持っていけそうです。
他に大豆類の種蒔きやじゃがいもの芽かきなど
作業することが、たくさんあります。
あったかくなったので、畑の草も伸びて大変になっているかも。

最近書店で見つけた素敵な老夫婦の自給自足の本
畑の作り方や暮らし方、とても参考になります。
これくらいの大きさの畑や果樹があればなぁ~、なんて考えています。

あしたも、こはるびより。: 83歳と86歳の菜園生活。はる。なつ。あき。ふゆ。

つばた 英子 / 主婦と生活社


2畝しかない私の畑ですが、今は勉強期間だから
いろんなことを試しています。
今年はコンパニオンプランツの組み合わせを使って
出来るだけたくさんの種類の野菜を育てようとしています。
豆類とネギはいろんな植物と相性が良いようなので
狭い畑のあちこちに植える予定です。

あ~畑に行きた~い!
ちょっと遠いんですよね。
[PR]
by atelierkubu4 | 2013-05-09 15:09

メダカが飼いたい

昨日の強風で土埃の溜まったデッキのお掃除から
始まった本日は気持ちはガーデニングへ。
ずっと探していた「オーガニックガーデンのすすめ」が
ひょんなことから見つかりました。
知り合いのイベントを手伝った時に講演にきていたのが
著者の曳地さんご夫婦です。
オーガニックガーデンのことも然ることながら
脱原発やエネルギー問題などについても
熱く語ってくださって、ファンになりました。

オーガニック・ガーデンのすすめ

曳地 トシ / 創森社


そして見ていたらずっと欲しかった睡蓮鉢&メダカ!
おー!!!!!すてき!
千葉に行った時にもメダカメダカって騒いでいたのですが
やっぱり欲しい。
ボウフラを食べてくれる可愛いメダカちゃん。
雨水を貯めて使うと良いとのこと。
千葉のMちゃんも言ってたけど、水に馴染んでしまうと強いけど
そうじゃないと死んでしまうらしい。

取り敢えずデッキのお掃除は終わりました。
中庭をもっと使いやすくそして和める空間にしたい!
そんな情熱がムクムクと湧き上がってきました。
なんせ予算はゼロ!だから、考えてあるもので作らなきゃ
f0273304_1583041.jpg
日陰でも元気な草花やのんびり出来るイスとテーブル
植木鉢を置く低めのひな壇とか・・・
そしてメダカの泳ぐ素敵な水鉢!
[PR]
by atelierkubu4 | 2013-05-08 15:16

エスニック料理が大好き

f0273304_1011626.jpg
クーブーの今回のお施主さんの打ち合わせのあとは
恒例のお食事&飲み会です。
Nさんご夫婦は飲むのも食べるのも大好き。
そして、何より会話が楽しいのです。
今回はバリの友人のアリさんに頂いたスパイスで
インドネシア カレーと
大好きなベトナムおうちごはんの本の中から揚げ春巻
この石臼はリゾートホテルのスーベニアショップで見つけた物
ずっと飾っていたのですが使ってみました。
小さいけれど、大丈夫。
ニンニクと生姜と唐辛子をグチュグチュ潰して
フライパンの中に、油に匂いがうつってきたら
お肉と玉ねぎを軽く炒めます。
おおきな鍋に炒めたお肉、玉ねぎ、そしてお水。
f0273304_10213070.jpg

あとはニンジンとじゃがいもを入れて煮て、スパイスを入れるだけ。
懐かしいアリさんの味なのでアール
f0273304_1024790.jpg

Nさんご夫婦が美味しい日本酒を持って来てくれました。
ぐびっ!
揚げ春巻きはベトナムの生春巻きの皮で作ります。
豚のひき肉とキクラゲや春雨なんかを入れて巻きます。
「鈴木珠美さんのベトナムおうちごはん」の本を参照
本のデザインも食器などのテーブルウェアも素敵です。

ベトナムおうちごはん

鈴木 珠美 / 扶桑社


ヌクマムで作るタレが、実にベトナムであった。

今朝のクーブーの玄関
こぼれ種から根付いたミント
ミントは強いって聞いていたけど、ホント!つよい!
f0273304_10352343.jpg


目に鮮やかな緑色が嬉しい(#^.^#)
[PR]
by atelierkubu4 | 2013-05-07 10:41